スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

マクロスF ギャラクシーツアー FINAL @ブドーカン

sheryl_ranka.jpg

そんな訳で、行ってきましたよ武道館!!
マクロスF ギャラクシーツアー FINAL @ブドーカン

(↑の絵は、思いっきり塗り途中デス。スイマセン。時間切れ。
いずれキチンと背景込みで仕上げてうpします。多分。)


超絶に狭き門だった抽選予約に当たりやがった友人がチケット回してくれました。超感謝。<(_ _)>

物販で、シェリルのマフラータオルの武道館.verがかなーり欲しかったので、昼頃に会場へ。
11時半くらいから並んで、販売開始の14時を待った訳なんですが…。

結論から言うと、買えませんでした。完売。
平日の昼間だってのに、アホみたいに人が並んでやがりました。
具体的には、14時販売開始で、11時半に並んでたうちらが物販ブースに辿り付いたのが16時半くらいだった~ってくらい。2時間半もかかったのか…ガッデム。

結局、ブドー缶と設定資料集REDだけ買った。悔しいのぅ。


開演まで時間あったんで、喫茶店でダベりつつ、設定集パラパラと見てみたら…あれ?これはイイものですよ?
ニュータイプに載ってた資料集なんか目じゃない。
どれくらい凄いかというと、バルキリーのアーマードパックを装備した大クランの設定画まで載ってるくらい。マーベラス。


そして会場に戻って入場。
うちらの席は一階席の東の、一番後ろでした。
この場所、かなーりダメダメな場所でした。武道館は二階席まであるんですが、その二階席のせり出してる部分が一階席の屋根になってるんです。
で、その屋根が異常に低い低い。背伸びすればギリギリ手が届いちゃうくらい。
しかも場所がステージを横から観るような角度だったりするんで、屋根に遮られてステージに設置されたスクリーンが下半分しか観えない(T_T)

このせいで、ライブと連動したスクリーンの演出はほとんどわからずでマジ泣けた。

そーいや、シートに置いてあったチラシによると、来月出る二枚組のボーカルアルバムには「娘々スペシャルサービスメドレー(特盛り)」とかが入るらしい。
パシフィコ横浜の時に最後にやったメドレーだとかなり嬉しい。期待。
あと、May'nのオリジナルアルバムが1月に出るとのこと。これも超期待。菅野よう子が関わってくれてるといいんだけど…厳しいかな(^_^;



そんなこんなで開演。
以下、セットリスト&感想をつらつら~っと。間違い等かなりあると思うので、あくまで参考程度に(^_^;。


…マクロスクォーターの艦長、ジェフリーによるナレーションからスタート。
第22話「ノーザン・クロス」での、SMS離反時の演説を改編したもので、本編では「これから我々は海賊に鞍替えする」と言うところを「バンドに鞍替えする」と宣言。
スクリーンに流れる「キラ☆」「私の歌を聴けぇ!」「抱きしめて!銀河の果てまで!」「抱きちめて!銀河のはちぇまれ!!(←ホントにこれも有りw)」の文を観客に復唱させて、初っ端から大盛り上がり!



01:Frontier 2059
…スクリーン上の演出でフロンティア・トーキョーにフォールド。

02:ダイヤモンドクレバス
…アカペラで一番のみ。May'nと中島愛が登場。

03:Prologue F
…スクリーンが少しずつ上に上がって行き、その背後にはオーケストラな人達が!そして指揮するのは菅野よう子!!

(オーケストラ曲は、ちょっと自信無し。違う曲かも(^_^;)

04:武道館用メドレー
What'bout my star?→トライアングラー→What'bout my star?→愛おぼえていますか→私の彼はパイロット→Welcome To My FanClub's Night!→ダイヤモンドクレバス→星間飛行→アナタノオト→「超時空飯店 娘々」CMソング→射手座☆午後九時Don't be late→トライアングラー
…「What'bout my star?」ベースのメドレー。各曲ともサビの1フレーズくらいのみでテンポ良く。

05:ニンジーン Loves you yeah!
…May'n退場で中島愛一人舞台。
曲後半で、中島愛のデビューからの変遷を語ったオリジナルの歌詞に。スクリーンではニンジンな絵が動いてたけど良く見えず(T_T)
最後に少し「アナタノオト」?の一部を挟んで次の曲へ。

06:私の彼はパイロット
…スクリーンでアルト&ミシェルのバルキリーがくねくねとダンス&中島愛がリフトでせり上がる演出。

☆そしてここで最初のサプライズ!
アルトの中の人(中村悠一)とミシェルの中の人(神谷浩史)が登場!

07:「超時空飯店 娘々」CMソング
…中の人達と中島愛=ランカで小芝居しつつ、振付きで。最後の「美味しいにゃん♪」を一人ずつ言わせる為に3回歌う。

☆そしてそして、更にサプライズ!
ボビーの中の人(三宅健太)も登場!劇中通りのオカマ口調で会場は更に大盛り上がりw
小芝居しつつ、更に娘々CMソングを歌い、ボビーが「美味しいにゃん♪」。
更に観客にも言わせる為にもう一回歌ったところでゲストの三人は退場。

08:ねこ日記
…最後に、観客全員で「トゥ~トゥトゥ~トゥ~♪」の部分を合唱。
パシフィコ横浜では失敗気味だったけど、今回は何とか成功してたっぽい?

09:星間飛行
…一斉に会場中に閃くオレンジ色のサイリュームw なんと言う連帯感!

10:射手座☆午後九時Don't be late
…一瞬照明が全落ち。その後曲が始まって中島愛が歌い始めるが、途中から、どうもMay'nの声に聴こえる。中島愛も明らかにマイクを口元に持っていってないし。
おかしいなぁと思ってたら、1番最後の「持ってけーーーー!!」の部分で、ステージの凸型に飛び出してる部分が開いて、下から凄い勢いでせり上がってMay'nが登場!!
ここからスーパーMay'nタイム!!

11:Welcome To My FanClub's Night!

12:ノーザンクロス
…かなりハードな振付けなのにブレない歌声。超カッコ良かった!!
「宿命に張り付けられた北極星が~」の部分で十字を切る振付けは、カラオケやるときに真似したいw

13:アイモ(アカペラ)→アイモO.C.
…中島愛が前半。後半からMay'n。O.C.から中島愛。

14:インフィニティ
…間奏の途中でMay'nがしゃがみ込んで、そのまま二番を歌ってた。感情篭もりまくりで良かった。

15:Test Flight Deligt
…一旦二人は退場してオーケストラタイム。曲名に自信無し。「Take Off」だったかも?
ホーン担当の二人がステージを走り回って結構盛り上がったw

16:蒼のエーテル

17:ダイヤモンドクレバス
…スクリーンで、第20話「ダイヤモンド・クレバス」でのミシェル死亡シーンが流れてて否が応にも盛り上がる。

18:妖精
…菅野よう子によるピアノメインの伴奏。すげー良かった。

19:愛おぼえていますか(デカルチャーエディション)
…中島愛ソロ。後半からMay'nがコーラスで混ざって神曲に。超良かった!

20:トランスフォーメーション
…再びオーケストラタイム。ギターの人がステージ上のリフトでせり上がってたりして頑張ってた。

21:娘々サービスメドレー
…一応最後の曲。


★アンコールその1
22:Private Army
…オーケストラのみで二人は居らず。
菅野よう子がアコーディオン弾きながらステージを歩き回ってたw

23:トライアングラー
☆最後のサプライズ、なんと坂本真綾が登場!!本家トライアングラー!!
(これ一曲で退場(T_T))

24:ライオン

25:射手座☆午後九時Don't be late

26:星間飛行
…曲の途中からバンド紹介。一人ずつ、紹介する度に「キラッ☆」。続けて観客にもアリーナ→一階席→二階席~と全員で「キラッ☆」。

(May'n、中島愛による締めのMC。)

27:アナタノオト
「ドクン ドクン ドクン」の部分を観客全員で。
鼓笛隊よろしく、菅野よう子が太鼓を抱えてギターの人?も交えて4人で一列に並んでステージを行進。ひたすら「ドクン ドクン ドクン」の部分を繰り返して、観客との応酬で盛り上がった。

28:SMS小隊の歌
…スクリーンに歌詞が出て、観客全員で合唱。
更に曲は続いて、そのままカーテンコールに。ゲスト達も再びステージに登場して、多分監督さん?からMay'n達二人に花束が贈られた。

29:High School Life
…この曲に乗って全員退場。
しかし曲は続き、本編での予告編をパロったナレーションが入る。
(これで終演~のはずが、まだ観客の熱気が覚めやらず。まだやれますか?と観客、そしてスタッフに質問…といった感じの内容)
観客の反応に、再度のアンコールを確約するナレーション。


★アンコールその2
30:ダイヤモンドクレバス
…ステージの凸型になってる先端部分が後退してピアノが登場。
ピアノには菅野よう子。その前に座るMay'nと中島愛。ピアノのみの伴奏で、二人一緒にハモリながら歌ってた。
(サビのハモリ部分で、中島愛が痛恨の歌詞間違いを…惜しい(T_T))

May'nと中島愛が退場して、最後に菅野よう子のダイヤモンドクレバスピアノソロ。スクリーンではリハーサル時等の舞台裏映像と共にスタッフロール。
そして菅野よう子も退場。終演。


(照明が戻ってから、観客全員で三本締めw)



…こんな感じで。
正直、パシフィコ横浜の時と大して変わらないんだろうなぁと、それほど期待はしてなかったんですが、ホントごめんなさい!ってくらい良かった!
生オーケストラな人達って、横浜の時いなかったよね?オケ曲もかなりカッコ良かったし、なんか贅沢な気分♪(オケの人達が仕事ない曲の時にサイリューム振ってたりして受けたw)

あぁ…一月のMay'nのソロライブの先行予約が全滅だったのが、本当に悔やまれる。
ヤフオクしかねぇか…orz

関連記事

2008.11.07 | | コメント(0) | Trackback(0) | ラクガキ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

水無月露葉の適当ブログ。


水無月露葉初単行本

『永久少女』

茜新社TENMAコミックスLO
\1000

pixiv




    カレンダー

    04 | 2017/03 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    ブログ内検索

    かうんたー


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。